驚嘆マン、いまだにいたのって感じですよね

私の昔です、90時期ごろは感嘆マンが今以上に大流行して、私も練り上げると30センチになるぐらい集めていました。ちゃんとあの時分は何か大人気があるという全員がそれに集中するから素晴らしいのです。しかも今日と違って少子化ではないから、生徒も多いですし。それで感嘆マンは当時は確か30円ぐらいだったと思います。ナッツの入ったチョコの軽食が入っていたのですが、それほど捨ててる子が多かったですね。ドブにステッカーだけ抜き取られたのが束になって捨てられていたのを思い起こします。けれども今は何かブームになっても、抑制化しているから、ハイレベルが起きても大して大したことないんですよね。今はタブレット、TVレクリェーションにまずは分かれますから、これだけでも半分だ。そうして少子化。ですから大人気も大したことないですね。なので究極で感嘆マンが売られているのを今どき見て、勘定の高さに驚きました。当時の倍以上始めるか。しかも、人まねなのか、感嘆マンの人柄ではないので、似たようなのも沢山ありましたね。人まねしてももう一度のろいよって感じですよね。脱毛ラボ 全身脱毛

映画「殿、利息でござる」をカミさんと見に行きました。

今日は東宝シネマにカミさんと映画を見に行った。
題名は「殿、利息でござる」です。
前は歳よりは千円であったのに。1100円になっていた。
映画を見るのは何年ぶりだろうか。
ちょっと前に着いたので、ホットドッグとアイスコーヒーを頼んだ。
それを食べて中に入る。
上映時間が2時間くらいなので、前にトイレに行っておく。
中は女性の方が多かった。

これは仙台藩の宿場塾の実在の話である。
年代は1750年ぐらいの話。
重い年貢で宿場の人たちは困っていた。
特に伝馬といって、役人とかその持ち物を運ぶのが宿場の役目だ。
これが意外と費用がかかるのだと。
そのとき京都から嫁さんを連れて帰った人が何とかしなければと。
そこで仙台藩の殿さまにお金を貸してその利息で伝馬の費用を賄えようとしたのだ。
その金額が1千両。いまのお金に換算すると3億円だと。

とんでもない額だ。
これを商人を中心に集めるのだ。
何年もかかってようやく集まった。
そこで肝いりという世話人に話を通し、さらに大肝いりにも話を通して、紆余曲折があったが、何とか話が付いた。
それでその利息で伝馬の費用が何とか賄えたという実話である。
そもそもの話の発端は作り酒屋のお父さんから始まった話である。
それが子供に伝わり、どうにか実現したというお話です。

昔も今も税金はきついということですね。
庶民の知恵には感服しました。
作り酒屋は今でもあるとか。

電話営業の仕事って難しく、厳しく、辛いのです。が、全て吹っ飛ぶ喜び有りです。

収入増やさないと、大学生の息子に仕送りができない状態に陥りました。
そこで、昼間の仕事が終了してからのバイトに化粧品の電話セールスをする事になりました。
18時から21時までで、時給が良く安易にバイトをする事にしました。
早くに甘かったと気付きましたが、欲と道づれで頑張ろうと決意。
電話している間、モニターされているので緊張感半端じゃないです。
仕事は、トライアル品を購入したお客(様)に、本商品を売るのですが、トライアルは極端に安いので本商品の値段を知ってビックリするようです。
お客様との会話を思い返してみると、高いを何回聞いたことか。
使用感は、良いのだがわずか7日くらい試したくらいで、あんな高い商品は、買えないでしょ?
切り返しトークとして、まずお肌に合うか合わないかのお試しであったことを説明。
お肌改善の商品ですので、やはり成分が違いますから高くなります。と、説明。
ここまで、聞いてくれるお客(様)が、10人に1人くらい。泣きそうな割合です。
化粧品会社の名前を名乗ると即切られるのが10人に3人。
名乗った段階で、忙しいのでと言うのが、10人に3人。
電話した事に、腹を立てている人が10人に1人。
間違い電話であると明らかにウソを言う人が10人に1人。
で、話しを聞いてくれるお客(様)に商品をおすすめします。買ってくれたらもちろん嬉しいのですが、高い商品なので買って頂けないことがほとんどです。
しかし、なにより買ってくれることより、お仕事お疲れ様です。と、言って頂けた時、電話向こうの方の思いやりが、伝わってきました。
電話とは言え人間どうしの繋がりなのですね。
そんな繋がりがあると、とても嬉しい一日で締めくくれます。
どのような仕事でも、仕事は厳しものです。そんな中ホッとすることを見つけて仕事をしたいです。

100000円ないと取引の開始ができない

インターネットでお仕事のやりとりができるサイトを通じての報酬の総額がやっと15000円を超えました。この1500円にするまでに1記事につきテーマは自由ではありますが、400文字詰めのブログ日記の記事、数十円を何度かこなしていました。これからもこの作業は延々と続く訳なのです。他に大きなデザイン関係のしごとがごろっと入ってくればいいのですが、最近はそんなに大きな仕事が入ってこないので、日々数十円の記事を書くことで報酬を蓄積することに取り組んでいます。このままではダメだとは感じながらも仕方がないという状況です。
 そこで、外貨取引という収入源を作ろうと思ったのですが、外貨取引をするにあたって、海外の口座も作らなくてはならないという難問にぶちあたりました。外貨取引を行ううえでは、当然のことではあるようなのですが、取引を開始できるまでにかなり、期間がいりそうです。それ以前に約100000円ないとトレードを開始することすらもできないそうです。まだ、程遠いですが、頑張ります。銀座カラー全身脱毛 予約

初めて葛西臨海公園に行ってきましたよ?!

こんにちは?

今日は、江戸川区にある葛西臨海公園に行ってきました!
実は前から行きたいな?と思っていて、
やっと実現できたのです!

葛西臨海公園は東京湾に面していて、
とても気持ちの良い公園です。
併設されている水族館での、
マグロの大量死でも一時有名になりましたね。

今回は残念ながら水族館には入らなかったのですが、
無料で誰でも入れる展望台「クリスタルビュー」で夕日を眺め、
そして日本一の観覧車「ダイヤと花の大観覧車」
に乗りました。

まずクリスタルビューですが、建物そのものが美しいです。
ほぼガラス張りになっていて、
東京湾を見渡すことができます。
ちょうど夕暮れ時で、本当に息をのむほど綺麗でした。
日の出もきっと綺麗なんだろうな?
今度早起きして早朝にいってみようかな…

次に観覧車ですが、流石日本一と謳うだけあって
ものすごくよかったです。
言葉ではうまく伝えられないので
まだ行ったことない人は是非
葛西臨海公園へ行って乗ってください。笑

まだまだ見所はたくさんありそうなので、
また時間ができたらいくつもりです!キレイモ 33箇所

今月は売上があがるだろうか。毎月それが不安だ

人に聞かれたら、まあまあ順調という風な態度を取っているけれど、内心はいろいろある。
腹が立つこと、傷つくこと、許せないことなど、ネガティブな感情に支配されそうになる。
なので、同業者のことはもう視野には入れない。嫉妬したり自分と比較したりするのがつらいから。
私は私で、自分の人生を歩んでいくんだ。
いちどきりの自分の人生を生きるんだ。
ようやくであった、落ち着ける仕事。それを精一杯がんばって、日々を生きていこう。
かかるお金は缶コーヒーと昼ごはん代だけ。ダイエットしているから食費も安いし。
ジムは今のところ無料で使えるジムに行っているし。

今月の売上が減りつつある。月初はピンチが多かった。
でも、昔とは違う。昔は全部が1文字1円だったが、いまは8円の案件もある。
こういったラクな案件をはさみつつ、仕事をまわしていこう。
そうすれば、昔よりも高い収入で、昔よりもラクに働ける。
ラクに働くつもりはないけれども、ジムに行く時間が取れる。

息子と公園へ。遊具よりもボールが好きな息子

晴れた日には午前中から息子と公園へ行くのが日課になっています。
近くの公園に行くこともあれば、車で20分かけて行くこともあります。
いつも同じ公園だと私も息子も飽きるので、なるべく違う公園へ行くようにしています。

息子は滑り台や砂場やぶらんこが好きなのですが、それよりも夢中になって遊ぶのが
ボールです。
遊具で遊んでいても、ボールを見せるとすぐにボールに食いついてきます。

ボールを投げたり、自分で蹴ってみたりと放っておけば
1時間ぐらいは遊んでいます。
ボールを取り上げると嫌がるので、他の遊具で遊んでくれません。

でも、ボールだと一緒に蹴ったりして遊べるので
私も退屈しません。

蹴るのもだんだん上手になってきて、今では遠くまで蹴れるようになりました。
キャッチはまだ下手だけど、前よりは受け取れる回数も増えたので成長したんだなぁと
感動します。

息子にはスポーツをやってほしいので
今からたくさんボールに触らせようと思います。

年がら年中、出かけていたのです

女性の社会進出は、車も必要がなくなりつつあるようです。男女で子供を育てるので、父親に収入が少なく、休みの多いご家庭もあるようです。土曜日、母親は働きに行き、父親が子供の面倒を見ています。
ゴールデンウイークも、遠出しません。家にいます。出かけるのは、近所の公園です。夫婦の趣味の、邸宅の見学に子供もつれて出かけます。いつも歩きです。子供もまだ、2歳ぐらいかもしれませんが、思い出と言ったら、近くの散歩と、公園だけということになりかねません。それと、年に2回の帰省です。
これが、子育てでしょうか。もっと、というか、せめて、ホームセンターぐらいは、出かけるものではないでしょうか。車がないとそれはできません。
たまたま、うちは、もう、子供と一緒に出掛けないスタイルに入ってきてしまいました。いつもうちにいるのです。だから、当たり前と思っているのかもしれませんが、小さい頃は、年がら年中でかけていたのです。だから、もういいのです。銀座カラー全身脱毛 予約

新しい趣味ができました

 私は手芸が好きなのですが、今日は初めて羊毛フェルトというものに挑戦してみました。
羊毛フェルトという綿のような物を専用の針でチクチク刺していくと、いろいろな可愛い物が作れるんです。
私は今日はお花に挑戦することにしました。
最初は少し緊張しましたが、だんだんと慣れてきて楽しくなってきました。
針でチクチク刺していると、なんだか無心になることができて時間が過ぎるのがあっという間なんです。
かなりストレス解消にもなるなと思いました。
出来上がったお花は、初めてにしてはなんとか様になったかな、とういう感じです。
羊毛フェルトではコースターも作れるみたいなので、今度挑戦してみようと思っています。
手芸屋さんでふと目についた羊毛フェルトですが、はじめてみたらすっかりはまってしまいました。
不器用な私でもなんとなく様になるので、かなりおすすすめです。
羊毛フェルトはいろんな色があるので、見ているだけで気分が明るくなります。
どんどんレベルアップして、部屋の中の小物を可愛くしていきたいです。

笑点の歌丸師匠が卒業です

笑点に初回から出ている唯一のメンバー、歌丸師匠が笑点からの卒業を発表しました。
歌丸師匠が先代の圓楽師匠から引き継いで司会になってから、ずっと見ていた番組なので、歌丸師匠の名司会が見れなくなると思うと、とても寂しいです。
私は、歌丸師匠と圓楽師匠の掛け合いがとても好きで、特に圓楽師匠が歌丸師匠を題材にして、
茶目っ気たっぷりに、まだ生きている、とか、お葬式のワンシーンです、とか言うのがすごく楽しみでした。
本当は歌丸師匠に長生きしてもらいたいけど、あえてネタに使っているというのが分かるので、見ていて、すごくほのぼのとさせてもらっていたのです。
しかし、これからは笑点ではその光景が見られなくなると思うと、本当に残念に思います。
笑点の楽しみが一つ減ってしまいますが、笑点が終わるわけではないので、今後の新しい笑点にも期待しています。
歌丸師匠、これまでたくさん笑わせてもらってありがとうございました。そして、長い間、お疲れ様でした。
これからも師匠には長生きして、高座を続けていって欲しいです。