私が見たのは間違いなく未確認飛行物体です

あれは私が小学5年生の初秋の夕方5時頃のことでした。

夕焼け雲がきれいな西の空に、突如光る物体が右に動いたかと思うと、今度は左に動き、また右に素早く移動するのを目撃しました。

時間にしてわずか10秒程でしたが、私と数人の友達は、ものすごい速さで移動するその小さな光る物体を目撃したのです。

よくあるUFOの目撃証言に影響され、そのように見えたのだと思うかもしれませんが、あれは確かに未確認飛行物体でした。

50年代から60年代のUFO目撃情報の半分は、CIAの極秘プロジェクトであったU2偵察機であるとの見解をCIAが発表しました。

当時U2偵察機は極秘プロジェクトだったため、民間人だけでなく軍関係者もU2偵察機の存在を知りませんでした。

民間機は上空3千~6千メートル、軍用機でも上空1万2千メートル、U2偵察機は1万8千メートルを飛行していたので、夕方に旅客機や戦闘機を操縦中のパイロットが目撃したUFOのほとんどがU2偵察機の反射光であったと公表しました。

UFOの目撃情報がU2偵察機の開発拠点周辺に集中していることからも、UFOはU2偵察機であったことを裏付けています。

しかし、残りの半分の目撃情報は、U2偵察機とは無関係であることも事実です。

私が見たのは、間違いなくUFOでしょう。ミュゼ ひじ下