産業作りの変動と中小企業のことなどについて

産業原理について練習しました。一般に、景気が発展するにつれて第1後者産業(農・林・水産業)の比重が低下し、第2後者産業(鉱・工・建設業)や第3後者産業(商・ファイナンス・搬送伝送・プレゼント業など)の比重が上がる傾向にあります。こうした傾向を認識やつの呼称にちなんでペティ・クラークの法則といいます。日本では、高度進化期を通じてこういう動向が急速に進み、労働やつ頭数の半分身近を占めていた第1後者産業従事やつの割合は低下し、第2後者産業・第3後者産業従事やつの割合が増加しました。一方、1973ご時世の石油リスクをきっかけに従来の「重厚長大」産業に代わって、エレクトロニクス(電子テクノロジ)つながり産業や一報つながり産業といったいわゆる「軽薄短小」産業が急成長しました。このように、農林水産業から鉱工業、軽工業から重化学工業、ひいては智恵集約範疇産業へと移行して出向くことを産業原理の成長といいます。このことを勉強して、知らないこともあったので学べて良かったです。キレイモ 学割

デモクリトスや原子などについて勉強しました

原子などについて勉強しました。デモクリトス(紀元前460〜370)という人は、物質は「これ以上分けられないもの」からできていると考えました。しかし、これは認められませんでした。古代ギリシャでは、「すべての物質は火、水、土、空気からできている」と考えられていました。これは、ヨーロッパで長く信じられてきました。古代エジプトの時代から、ありふれた金属から金をつくるという研究が行われてきました。錬金術によって、金はつくることはできませんでしたが、塩酸や硫酸などの試薬やいろいろな実験器具がつくられました。ボイル(1627〜1691)は原子は実験によって、それ以上単純なものにわけられないことを考えました。アボガドロ(1776〜1856)は、水素や酸素などの気体は1個の原子ではなく、いくつかの原子が結びついてできています。同温、同圧力、同体積の気体には同数の分子が含まれています。アボガドロは、気体を分子と考えました。とても勉強になりました。キレイモ 33箇所

オーガニック商品専門の通販サイトがお気に入り

3年ほど前からオーガニックの商品を好むようになりました。薬を飲んでもなかなか治らなかった皮膚疾患が、義母に勧められたオーガニックのものを使うようになってから少しずつ良くなっていったんですよね。そこで、3年くらい前に引越しをして、そこからはなるべくオーガニックの物を購入するようになりました。おかげで、今では皮膚疾患なんて気にならなくなっているほどです。
私がいつも利用しているのは、オーガニック専門の通販ショップです。お化粧品や食品、ハンドメイドの材料などまであります。全て体に優しい物なので助かりますね。もちろんお値段はちょっと割高にはなるのですが、その分体調が良くなってきて以前から飲んでいたサプリメントもいらなくなりましたし、病院にも行かなくなったのでその分お得かなと思います。何より、少し割高なだけで健康になれるなら安いものですよね。
ちなみに、5000円以上購入すると送料が無料になります。そのため、毎回5000以上購入しようとしているのですが案外すぐにクリアしますね。葉酸 サプリ おすすめ

学校指定の体育館履きを買いに行くのも一苦労

もともっと学区が広いうちの子の学校ですが、学校指定の学用品を買うのも一苦労です。
なぜか学区から大幅に外れたところに指定の店があるんです。
入学シーズンには学校まで出張販売に来てくれますが、それ以外のシーズンは自分で店に行くしかありません。
子どもの体育館履きが小さくなってしまって新しいサイズに買い替えようと思ったんですが、店が遠くてとても歩いて行かれません。
公共交通機関もバスしかなく、バス停も店から離れていてホント行くのが大変。
仕方ないので、休日に夫に頼んで車を運転してもらって買いに行きました。
こんなんじゃあ子どもだけで買いに行くなんて無理です。
みんなの家ではどうしているんだろうか…と思うものの、あまり親しい保護者がいないので聞きづらいし。
学区から外れたところにある店だから、皆さん家から遠いと思うんですよ。
一昔前は電車も通っておらず、自家用車で動くのが当たり前の地域というのもあるのかもしれません。
ちなみに制服と体操着なら、自宅まで採寸、配達に来てくれるんでわざわざ行かなくてもいいんですけどね。

数日間続いた名刺カットの作業がようやく終わりました

数日前から仕事で自分の名刺をデザインして、A3サイズの厚紙にデザインデータをプリントアウトをして、カッターナイフでカットの作業を行っていました。その枚数は約1000枚から2000枚くらいだったと思います。この名刺カットの作業に数日間をかけた訳なのですが、連日連夜、目を覚ましてから午前4時から5時ころまで、作業が続いておりました。おそらくですが、その延長になってしまっているのでしょう。作業が終わって1日目の本日、只今の時間は午前の2時56分こんな時間になっても眠気が全く襲ってきません。時間の感覚が麻痺してしまったようで、完全な夜型人間になってしまったようです。布団の中に入って、目をつむっていれば、眠れるとよく言いますが、本日に至っては昼間かなり眠ってしまったので、午前5時頃までは、目がギンギンにさえているのだろうなと思います。いつになったら夜は眠り、朝、昼には起きる感覚を取り戻す事ができるのでしょう。借金 弁護士