産業作りの変動と中小企業のことなどについて

産業原理について練習しました。一般に、景気が発展するにつれて第1後者産業(農・林・水産業)の比重が低下し、第2後者産業(鉱・工・建設業)や第3後者産業(商・ファイナンス・搬送伝送・プレゼント業など)の比重が上がる傾向にあります。こうした傾向を認識やつの呼称にちなんでペティ・クラークの法則といいます。日本では、高度進化期を通じてこういう動向が急速に進み、労働やつ頭数の半分身近を占めていた第1後者産業従事やつの割合は低下し、第2後者産業・第3後者産業従事やつの割合が増加しました。一方、1973ご時世の石油リスクをきっかけに従来の「重厚長大」産業に代わって、エレクトロニクス(電子テクノロジ)つながり産業や一報つながり産業といったいわゆる「軽薄短小」産業が急成長しました。このように、農林水産業から鉱工業、軽工業から重化学工業、ひいては智恵集約範疇産業へと移行して出向くことを産業原理の成長といいます。このことを勉強して、知らないこともあったので学べて良かったです。キレイモ 学割